2017関東モトクロス選手権第5戦(千葉大会)のオフィシャル

日曜日は関東モトクロス選手権第5戦(千葉大会)にオフィシャルとして参加して来ました!
(コースはモトクロスヴィレッジ)

長年モトクロスをしていますがオフィシャルとして参加したのは今回が初めてで担当は救護でした。

a0170631_23013823.jpg


朝、6時半に集合し救護のメンバーで打ち合わせした後、車検も担当してやりました。

いつも車検を受ける方でやるのはもちろん初めてでしたが、迅速に対応するのが結構大変でしたね。



その後、公式練習が始まる前にコース内に入りスタンバイしました。
今回の救護は6人で3人1組の2チームでコースの半分ずつを担当する事になります。
(自分のチームはコース半分から後半が担当になります)


前日が雨でマディかと思いましたがコースコンディションは悪くなく天気も良かったのですぐにベスコンになりましたね。

a0170631_23013833.jpg



救護の役割は、転倒したライダーの救護ですが動けないくらいの転倒の救護がメインで自力で復帰できる転倒の場合は見守る形になります。


なのでコース内では監視がメインで転倒があった際はすぐに駆けつけられるように集中してレースを見ます。
(写真の右に写っているのが自分です)

a0170631_10330449.jpg
(Photo:moecross)



朝の公式練習からお昼休憩(30分程度)を抜かして最後のレースまで休む暇は無くどんどんレースは続きます。
(レースの合間は1分程度で水分補給して終わる感じです)

気温が高く湿度も高かったので想像以上に過酷な現場でしたね。
もちろん旗振りの方も同じでこんな過酷な中でやっていたのかとオフィシャルをやってみて初めて気が付きました。


さらに救護で全レースを最初から最後まで見てた訳ですが、自分が見てる範囲では旗振りの方は経験豊富な皆さんだったようで凄く的確な対応だったしライダーも黄旗無視するような事も無かったので良かったですね。


結果的には1日で2回ほど大きな転倒があり駆けつけましたが、担架を使う事は無く無事に終わりました。


今回、初めてオフィシャル(救護)でコース内に最初から最後までいたわけですが、コース内にいる全ての人(オフィシャル、ライダーなど)が真剣に全力でやっている空間ってなんか凄いパワーみたいなのがあってさらにモトクロスが好きになっちゃいましたね。


オフィシャルの皆さんお疲れ様でした!
お世話になった救護の皆さんありがとうございました!
参加ライダーの皆さんお疲れ様でした!



【NOTION-X Web】https://www.notionxmx.com
【NOTION-X Twitter】https://twitter.com/notion_x
【NOTION-X Instagram】https://www.instagram.com/notion_x/
【NOTION-X Line】@notion-x

[PR]
by notion-x | 2017-07-04 00:08 | 関東モトクロス選手権 | Comments(0)